目 見る 眼球 顔

試合や練習などで「しっかり見ろ!」「ちゃんと見て!」と言われたり、自分で考えたりすることが卓球では初心者のみならず中級者でも多いものです。(自分も含め)

この「見る」は誰にだって思う節はあるにしても、「どこ?」をキチンと伝えられる指導者になると案外少ないものです。

卓球の「どこを見る」について参考になる動画があったので書き残しておきます。

ちなみに照井さんは全国レベルの有名ユーチューバー、練習相手の宮地さんは県レベルの選手です。
【全国レベルと全国で勝つレベルの違い】美しが丘クラブ、照井の練習

照井雄太卓球チャンネル|You Tubeチャンネル

宮地くんとの対左利き選手を想定しての練習。動画では1分50秒くらいから今回のテーマである視野の話になっていきます。

興味深かった会話のところを抜粋していきます。(敬称略)

照井
ちょっと打ち方変えたのわかる?


宮地
めっちゃスイング小さいとか?


照井
違う。じゃあ行くよ。いつも通りにいきます


宮地
めっちゃ入りますけど


照井
入る入らないではない

(次、打ち方変える)

わかる?ちょっと変えてるから


宮地
スマッシュ気味に打ってます?(違う)わからないッス


照井
打ち方は意識していなくて、何かと言うと宮地(相手)を見てるか見ていないか


宮地
僕すか?


照井
いつもだったらこうやって(ボール見て)打ってるけど
今はこうやって(相手見て・前を見て)打ってた


宮地
あー。えっ!


照井
こっち(左目)で宮地を全部つねに見ながら動いています
(相手をなんとなく見ながらやっています)


宮地
相手を見ながらやることによって何が違うんですか?


照井
ボールがどっちに来るかわかるじゃん
(コースを)見極められる
オールでしていて、早い打点でここ(ストレートへの返球)が一番速いのに、こんなん(頭ブラブラ)していたらバック(一番速く来る)遅れちゃうじゃん。
だから(相手を見ながら)こうやって(バックに)来ても(見てるから)来る前にわかるじゃん


宮地
おぁー。なんか要するに強い人みんなそうやって練習してるんですか?
(してる)
マジすか!?
(だって)
やべぇ!


照井
だってさっき(宮地の練習時)からさ、ボールと相手を見ろって言ったじゃん
こうやって(ボールだけ見て)打ってたら相手見れないじゃん

常にこっち(左目)で相手を見ながら、ボールってインパクトまで見ないでしょ?
(インパクトまでボールをしっかり見る素振り)こうしないじゃん?
(インパクトまではボールを見ない素振り)みんなこうやって打っている

なんとなく(何も意識せず)バカみたいに打っているか
ここ(左目)で(相手とボールを)とらえるか・・・と言うのをやっていた

途中から、もしかしたら(通常と違い相手を見ることを意識して)やっていたから(宮地が言っていた)よりスイングがコンパクトになっていたのかもしれない
速いのを間に合わせるようにする為、その前は意識せずに、多分、全部(頭や目線も)動いていたからスイングがちょっと大きくなっていたのかもしれないね


宮地
実践でってことですよね?
相手を見ながらやるのは


照井
そういう意識がないとダメだよね
(練習しないので今は)出来ないけど

宮地の顔だけ見てやるね
(難しくないですか?)
むずいよ
ここまで見る必要ないから、なんとなく(相手を見て)とらえておけばいいわけでしょ

なんとなく相手を見るであればドライブも打てる
何も考えないで打って見ると、さっきみたいに
(相手を目でとらえる意識がないドライブ)でやっていると
もしストレート来たら取れなそうじゃん
相手見てたらストレート来た時に、取れるかどうかは別として反応はできそうじゃない?


宮地
反応はできそうです


照井
取れるか取れないかは訓練だけど相手を見ながらアドバイスに対して
「どうやったら打てるんだろー」
「どういうイメージかな」
「どう身体を動かすのかな」と考えることが大事です


照井
見方としては相手を前からしっかり見るのではなくて視界の左隅になんとなくいればOK

なんとなく全体を把握する
ボールは見ない(目で追わない)
相手のラケットを見る(なんとなく)
ラケットがどの角度になっているかをなんとなく判断する


今回の動画は知っているか知らないかで大きな差がでそうな内容で、簡単ではないけれど何度も実践して身につけたい技術です。

照井さんですら学生の時は出来なかったと最後に書いていたくらいですから、習得すれば有利に試合できることは間違いなさそうです♪

この動画が参考になって良かったと思う人は、紹介したYou Tubeのリンク先にある「いいね(高評価)」やチャンネル登録をよろしくお願いします。

こんな素晴らしい卓球動画がいくらでもある現在は昔では考えられないことで、興味をもって調べた人は誰にでも上手くなれるチャンスがありますね。

こんな記事も書いていますのでよかったらどうぞ。

試合は技術の披露する場所ではなく相手をキチンと分析して対応することです

試合では相手より先に対応できるかが勝敗を左右する

試合の戦術をどうやって組み立てて行くのか、トップ選手の思考が書き残されているので、そのままツイートが埋もれるのは「もったいない」のでここに備忘録として残しておきます...



卓球は点を取ることより点を取られないことを意識すると試合結果が安定します

アマチュアの卓球は勝者の見事なスマッシュではなくミスによって勝敗が決まる

これを知っている人と知らない人とでは、永遠に差が埋まらないほどの決定的な違いがあります。この動画では、上級者のXiaさんが「負けない卓球」と「勝つ卓球」を交互に1セットのゲームをするのですが...



グリップの握り方ひとつで上達の上限が決まってしまうので正しく握りましょう

フォア・バック・標準…自分に向いたグリップの形状を理解して使えば上達も早まる!

横山コーチが指導している時に「フォアハンドグリップ寄りなので標準に戻しましょう」とか「バックハンドグリップになりすぎなのでフォアハンドグリップ寄りにしてみましょうか」という話をよくするけれど...

 カテゴリ
 タグ