バッティングセンター マシン 球出し 機械

卓球を始めたばかりの初心者同士で難しいのはラリーを続けることでしょう。

1球でのフォアラリーを続けることは、中学生になり入部したばかりの卓球初心者が最初につまずく壁になりがちです。

解決策としては、1球でのラリーが難しいのですから、数多くのボールを出してあげる多球練習が効率的でおすすめです。

せっかくなので卓球の上手い先輩や指導者だけが球出しをするだけでなく、初心者の中学1年生同士で球出しと多球練習ができると上達が早くなります。
【卓球】有名監督が教える「球出しの極意」【Lili PingPong Channel(tabletennis)】

Lili TV|You Tubeチャンネル

球出しをする側の練習動画はとても貴重で、これをマスターすることによって安定してボールを出し続けることが可能になります。

受ける側の選手は初心者でもミスを気にすることなく何球もフォアやバックハンドなどの基本練習を続けられます。

動いているボールを打つことよりも、止まっているボールを打つことのほうが難易度はかなり低くなるので卓球部に入部したばかりの初心者は素振りや先輩などのプレーを見て学んだら、最初に卓球台で打つべきは「止まっているボールを打つ」多球練習の球出しの練習から始めるのが良いでしょう。

もちろん卓球初心者でなくても、ボールに回転をかける感覚(特に下回転)を身につけることができるので球出しをマスターすることは重要です。

多球練習は球出しの技量の大きさで効果が大きく変わってくるので、一部の部員だけ球出しが上手くなるだけでなく、部員全員が一定水準以上の球出しスキルを身につけられると上達がどんどん進むことでしょう。

動画内でのポイントはこんな感じ。

基本的な上回転ボールの出し方
台に1バウンドさせてから球を出すよりノーバウンドで直接ボールを打つほうが回転を操れていい。
トスは上げすぎない。ボールを持ったまま打つという感覚で。
トスを上げちゃうとボールを打つタイミングがズレちゃう。
打球するポイントは相手が実際に打っている位置。

下回転ボールの出し方
ツッツキのイメージに近い。
意識していることは身体が立たないように、少し目線・膝を下げて打球する。
ボールを落とす場所をなるべく一定にする。
ボールの下を送り出すイメージ。
タイミング重視のバウンド直後で打つ。打点を待っちゃうと自分のチカラが影響しやすい。
あとは回転量を意識すると、より実戦に近いボールになる。
練習あるのみ。

ナックルボールの出し方
ノーバウンドで直接打たないとナックルボールは出ない。
ラケットの面を立てたまま前に出す。
手首を返さないように注意。
イメージとしては少し高いところから始動して、上から下に打つイメージでやるとできる。

台上(ストップ)ボールの出し方
基本的には練習あるのみ
短くコントロールしながら切るのを意識
上記の長い下回転ボールの出し方のときは台の真ん中で打球していたけれど、ストップ系の短いボールに対してはよりネットに近いところで打つことを意識する。
あとは下回転ボールの出し方と同じくボールの下を送り出す。
なるべく力を抜いてリラックスした状態で打点だけ気をつけて意識してあげる。

スピードドライブの出し方
ドライブの回転をかけるコツは左手を使う(右利きの場合)
上記までの球出し技術はボールを間近に落としてインパクトだったが、ドライブの場合は左手でボールを後ろに投げる。
左手でボールを投げてそこにラケットを当ててあげる。
両手を使って打つといい。
あとは出す人の体重移動を使うとより質のいいドライブになる。

ループドライブの出し方
上記のスピードドライブと一緒で、あとは球出しのスイング軌道が下から上にスイングする。
薄く当てる。
練習あるのみ。

卓球の球出し動画は探せばいくつかありますが、東京アート監督・男子ナショナルチームコーチ・STIGA契約コーチの大森隆弘さんによる球出しの教え方はわかりやすく参考になります。

この動画が参考になって良かったと思う人は、紹介したYou Tubeの高評価ボタンやチャンネル登録ををよろしくお願いします。

こんな素晴らしい卓球動画がいくらでもある現在は昔では考えられないことで、興味をもって調べた人は誰でも上手くなれるチャンスがあります。

こんな記事も書いていますのでよかったらどうぞ。

卓球は点を取ることより点を取られないことを意識すると試合結果が安定します

アマチュアの卓球は勝者の見事なスマッシュではなくミスによって勝敗が決まる

これを知っている人と知らない人とでは、永遠に差が埋まらないほどの決定的な違いがあります。この動画では、上級者のXiaさんが「負けない卓球」と「勝つ卓球」を交互に1セットのゲームをするのですが...


練習するにあたってブロック(止める)は最優先の必須科目です

ブロック上達するまではバックハンドは振らなくてもいい

ぶっちゃけブロックが出来れば、卓球未経験の新入生レベルでも部活でランクが上位の先輩と練習することが可能になります。ちなみにシェークハンドのバックブロックなので、フォアハンドやペンホルダーの場合は感覚的には同じですが解説内容は少し違うはずです...


試合は技術の披露する場所ではなく相手をキチンと分析して対応することです

試合では相手より先に対応できるかが勝敗を左右する

試合の戦術をどうやって組み立てて行くのか、トップ選手の思考が書き残されているので、そのままツイートが埋もれるのは「もったいない」のでここに備忘録として残しておきます...