解決 鍵 カギ 疑問

岸川聖也卓球スクールのコーチ陣による卓球を始めたばかりの方向けのフォアハンド・フォアドライブの基本的な打ち方の紹介です。

コーチによって教え方の感覚が違うので、その部分を比較しながら見るのも面白いし、どちらが正しいという差はなくて、実際に自分でも試してみて感覚が近い(わかりやすい)ほうを実践しましょう。

いやコーチ陣の教えるポイントを全部取り入れてみる(特にフォアドライブ)ほうがいいかも。
初めて卓球をする方必見!!これを見ればフォアハンドマスターできる!!

岸川聖也卓球スクール|You Tubeチャンネル

フォア打ちの解説
大矢選手のフォア打ちの場合

右利きの選手は右足が後ろ、左足がやや前。
歩幅が肩幅より少し広く保つとリズムよく打つことができる。

打球する前に右足にしっかりと重心を置いて、打つと同時に左足に重心を移動させる。
そして右から左に腰の回転も移動させてあげるとリズムよく打つことができる。

打球するときのラケット面の角度は卓球台と直角の角度が望ましい。


フォアドライブの解説
堀コーチのフォアドライブ時に気をつけていること

右利きの選手は右足に重心を乗せて、体の斜め前くらいで回転をかけて打球する。

回転をかけるときに気をつけていることは、ラケットの角度を45°くらいにしてボールの斜め上をこするように意識する。
回転をかけずらい人に共通しているのは、卓球台に対してラケット面が垂直になってしまっている。

フォア打ちと異なり垂直(直角)にならないように注意。
ボールに対して「パチーン」とミート打ちっぽくなってしまうので回転がかけずらく安定しないことが多いので、ラケット面をかぶせて(45°)ボールの斜め上をこすることを意識する。

上回転打ちだからと言って、バックスイングをとるときにラケットの位置が高くなりすぎてしまうとけっこうパチーンとなりやすくなってしまうので、少しラケットの位置を下げて右腰ぐらいの高さになるようにバックスイングすると回転がかけやすい。

浅沼コーチのフォアドライブ時に気をつけていること

ボールの飛んでくる軌道の真後ろにラケットの面を持ってくるイメージでスイングする。
ボールの軌道上でスイングをスタート。

ボールの軌道じゃないところでスタートしてしまうと、しっかり当たらない感じになってしまうので、ボールがバウンドして飛んでくる軌道の真後ろからラケットがスタートする意識。

回転のかけかたは、ラケットにボールを強く当てすぎない。
ボールがラケットの板にまでぶつけてしまうと当てすぎてしまう。
かといって、あまり薄すぎても逆に回転がかからない。

浅沼コーチの場合は、ラバーにボールをかませるイメージで、ボールがラケットまでには行かず、でもラバーにはしっかり当てる感覚でドライブを打っている。

ボールがラケットに当てて、スイング振ったあとにボールが飛んでいくようなイメージを持ってドライブを打っている。

そうすることによってしっかり回転がかかってボールの軌道が安定する。

パワーを出したくてボールのスピードを出したい人はもう少しボールを強く当ててみるとか、逆にもっともっとスピンを意識したいって人はボールをラケットまで当てないようにしてボールをかませるって感覚を意識してドライブをするのがいい。

必要に応じてインパクトを調整する。

浅沼コーチの場合は基本的には当てすぎず、かませて振ったあとにボールが飛んでいくっていうのを意識してやっている。

この動画が参考になって良かったと思う人は、紹介したYou Tubeのリンク先にある「いいね(高評価)」やチャンネル登録をよろしくお願いします

こんな素晴らしい卓球動画がいくらでもある現在は昔では考えられないことで、興味をもって調べた人は誰にでも上手くなれるチャンスがありますね。

こんな記事も書いていますのでよかったらどうぞ。

グリップの握り方ひとつで上達の上限が決まってしまうので正しく握りましょう

フォア・バック・標準…自分に向いたグリップの形状を理解して使えば上達も早まる!

横山コーチが指導している時に「フォアハンドグリップ寄りなので標準に戻しましょう」とか「バックハンドグリップになりすぎなのでフォアハンドグリップ寄りにしてみましょうか」という話をよくするけれど...


練習するにあたってブロック(止める)は最優先の必須科目です

ブロック上達するまではバックハンドは振らなくてもいい

ぶっちゃけブロックが出来れば、卓球未経験の新入生レベルでも部活でランクが上位の先輩と練習することが可能になります。ちなみにシェークハンドのバックブロックなので、フォアハンドやペンホルダーの場合は感覚的には同じですが解説内容は少し違うはずです...


部活など多くの未経験者同士の練習なら球出し技術から始めるほうが効率的です

球出しのマスターこそチームが強くなるための大事な一歩

卓球を始めたばかりの初心者同士で難しいのはラリーを続けることでしょう。1球でのフォアラリーを続けることは、中学生になり入部したばかりの卓球初心者が最初につまずく壁になりがちです。解決策としては...