基本姿勢 ヨガ 女性 ポジション

卓球日本のトップ選手である吉村真晴選手がYou Tubeチャンネルを開設しましたが、内容は編集がプロレベルで面白くて学べることも多くおすすめです。

下回転ボールに対するバックハンドの技術解説動画なのですが、会話の中で出てきたパワーポジションという基本姿勢が非常に参考になったので書き残しておきます。
【吉村真晴 直伝】 対 下回転 バックハンドドライブ強打のコツを教えます!

マハルチャンネル|You Tubeチャンネル

全体的に学べるので最初から最後まで見るのがおすすめなのですが、パワーポジションについて言及している箇所は1分50秒あたりからです。

吉村流 バックハンドで下回転が強打できるようになる7つのPOINT
Lesson 1[打球ポイントとフォーム]
・・・で紹介されています。

動画内で吉村真晴選手が言っていましたが、僕(吉村真晴選手)の考え方なので、打ち方はいろいろあるので決してこれがすべてではありませんという事。

パワーポジションだけでなく、バックハンド強打のポイントもあわせてメモします。

バックハンド強打は体の正面でしっかりとボールを捉える。
棒立ちだとラケットが自分より下になっちゃうから力が伝わりにくい。
だからといって自分の姿勢が低すぎても力が伝わりにくい。
だからパワーポジションって言うんですけど、肩・ひざ・つま先が一直線上にあると一番いいパワーが伝わると言われています。

パワーポジション
最も力を発揮しやすい姿勢として卓球だけでなく様々なスポーツで取り入れられている構え

これが足が伸びちゃったりだとか、足は曲がっているんだけど状態が起きたりとか、前傾姿勢だと体が回らない状態になるだとか、肩・両膝・つま先が一直線上になるパワーポジションで構える。是非そのへんを意識しながらやってみてください。

これには動画内での練習相手であるYOYO TAKKYUチャンネルの川口陽陽さんも「パワーポジションの話。レッスンで使わせていただきます。」と言わせるほどシンプルだけど体の使い方の本質を言ってくれた感じです。

7つのポイントはまだ1つ目なので、バックハンド強打のコツをしりたい人はこのまま動画を進んでください。

この動画が参考になって良かったと思う人は、紹介したYou Tubeのリンク先にある「いいね(高評価)」やチャンネル登録をよろしくお願いします

こんな素晴らしい卓球動画がいくらでもある現在は昔では考えられないことで、興味をもって調べた人は誰にでも上手くなれるチャンスがありますね。

こんな記事も書いていますのでよかったらどうぞ。

グリップの握り方ひとつで上達の上限が決まってしまうので正しく握りましょう

フォア・バック・標準…自分に向いたグリップの形状を理解して使えば上達も早まる!

横山コーチが指導している時に「フォアハンドグリップ寄りなので標準に戻しましょう」とか「バックハンドグリップになりすぎなのでフォアハンドグリップ寄りにしてみましょうか」という話をよくするけれど...


部活など多くの未経験者同士の練習なら球出し技術から始めるほうが効率的です

球出しのマスターこそチームが強くなるための大事な一歩

卓球を始めたばかりの初心者同士で難しいのはラリーを続けることでしょう。1球でのフォアラリーを続けることは、中学生になり入部したばかりの卓球初心者が最初につまずく壁になりがちです。解決策としては...


練習するにあたってブロック(止める)は最優先の必須科目です

ブロック上達するまではバックハンドは振らなくてもいい

ぶっちゃけブロックが出来れば、卓球未経験の新入生レベルでも部活でランクが上位の先輩と練習することが可能になります。ちなみにシェークハンドのバックブロックなので、フォアハンドやペンホルダーの場合は感覚的には同じですが解説内容は少し違うはずです...